若年層に広がる性病の実態

血小板減少性紫斑病小児を持つ親と痒い性病の関係

血小板減少性紫斑病という病気をご存知でしょうか。
血小板が減少することで止血しにくい疾患のひとつです。
原因としては、ウィルスに感染したりウィルス生ワクチンなどを接種することで、自己免疫のために血小板に対する抗体が作られてしまい血小板を破壊することで減少すると考えられていますが、なぜそのようなものが作られてしまうのかはわかっていません。
小児の時に親が気づくケースも多く血小板減少性紫斑病小児が風邪症状などの数週間後に出血のあとがあり、血小板減少性紫斑病小児として疑われ、検査により判明します。
また、この疾患は急性型と慢性型があり8割から9割は半年以内に正常化しますが、残り1割の血小板減少性紫斑病小児は慢性化して続くいわれています。
突然子供に起こることで、親にとっては心配かもしれませんが、急性型であれば治っていくようですので、あまり深く考えすぎないで良いと思います。
自分の子供にこういった症状が見られた場合には念のため病院で診察を受けましょう。
ところで、子供が長くつらい病気にかかってしまうと親は自分の先天的なものを疑って自分を責めてしまうこともあります。
これまでの異性との性行為などによって痒いなどの性病にかかってしまい、患部が痒くなってしまって病院へ行った経験をされた方もいるかもしれません。
性行為があった後に痒くなる場合には性病を疑った方がよいため、すぐに診察、検査を受けましょう。
また、性病には痒いだけでなく痛くなる症状もあります。
恥ずかしいよりも体が大事ですので、そうなった場合にはなるべく早く病院へ行きましょう。
こういった性病の経験をされた親は子供にも影響があるのではないかと心配するかもしれませんが、血小板減少性紫斑病小児は後天性のためそのような心配はありません。
ですが、性行為後に痒いや痛いなどの症状が出た場合などは自分が何の病気にかかったのかは把握しておく必要があるかもしれません。